マンション経営で気をつける事

マンション経営で気をつける事

マンション経営は、リスクの低い資産運用として知られており、人気が少しずつ拡大しています。不景気の波にも強い特徴があるため、老後の資金を確保するために運用を開始する人が多いようです。しかし、マンション経営のメリットをうたっている業者を利用する場合、悪徳業者の可能性がある点は考慮しておきましょう。

 

○悪徳業者の見分けかた

 

■身元について
健全な業者の場合、身元が確かなはずです。このような業者と交渉すると、あとあと面倒なことになるケースがあります。

 

電話や玄関での交渉の場合、こちらの名前や個人情報などは教えず、そのまま交渉を終わらせましょう。電話ならばすぐに切り、自宅に来た場合は家に入れないことが大切です。

 

それから、相手業者の情報を検索してみましょう。この場合、雑誌よりもインターネットのほうが役立ちます。ネット検索すれば、すぐに業者の情報が分かるため、十分な情報が得られない場合は悪徳業者である可能性が極めて高いと考えましょう。

 

マンション経営には、少なからずリスクもあります。交渉の際、メリットの話ばかりで、リスクについて話してこないのも危険です。こうした業者の場合も、すぐに交渉を打ち切って帰ってもらうことが大切です。

 

■しつこい相手に対して
業者のなかには、何度も自宅訪問してくるところもあります。相手業者もプロなので、巧みな話術によって交渉を無理に進めようとします。

 

しかし、いちどでも興味を示してしまうと非常にやっかいです。常に冷静になり、交渉の話が来るたびに断ることが大切です。



アドセンス広告