マンション経営で節税する

マンション経営で節税する

税金が多額になれば、生活に余裕がなくなるのは当然のことです。その解消法として、世の中には多くの節税法がありますが、それはマンション経営にも当てはまります。

 

通常のサラリーマンでは計上できない経費の多くを、マンション経営では経費として算出できるのです。こうすることで、課税される対象額が減額するため、トータルの税金が安くなるのです。

 

対象となるのは、「登記費用」「ローン金利」「登記費用」「減価償却費」「租税公課」「管理費」「修繕費」などです。これらを省いた額に対してのみ課税されるため、大幅な節税が可能となるのです。

 

また、節税になる対象はほかにもあるのです。それは、所得税の還付の面についてです。

 

経費は賃貸収入と合計すると、赤字収入に該当します。赤字になった額は、確定申告の手続きによって還付の対象となるのです。

 

住民税も所得税と一緒に考えられていますが、こちらにも節税が期待できるのです。税金の対象となる額が減額することで、課税される税金が減るという好循環となるのです。

 

そして、現在において土地を持っている人にはお得な話があります。土地に賃貸物件を建設することで、相続税や固定資産税などが減額します。これは、土地の評価額が下がることが要因です。

 

各種税金を抑えたうえで、マンション経営によって利益を得ることが可能なのです。利益を得ながら節税対策が行えることも、賃貸収入に魅力を感じる人が増えた要因の一つです。



アドセンス広告