景気の動向に強いマンション経営

景気の動向に強いマンション経営

資産運用のなかには、景気の動向に影響を受けやすいものが多くなっています。そんななか人気が高まっているのがマンション経営です。

 

デフレのいまは、モノの価格が大幅に下がっていますが、家賃はあまり変動していません。逆にインフレになったケースにおいては、家賃が上昇するケースがあります。

 

一般的な資産運用よりも景気の動向を受けにくいので、安定した運用が可能になるのが利点のようです。景気の影響を受けやすいということは、メリットとデメリットを併せ持っていることになります。そのため、リスクを考慮したうえで資産運用を開始しなければなりません。

 

インフレになると、預金や現金などの金融資産の価値が低くなってしまいます。すると、必然的にモノの価格にも影響が出てくるのです。それに対し、マンションなどの不動産は、景気の動向に対してあまりダメージを受けないようになっているため、長い目で運用を考えられるのです。

 

マンション経営の場合、長年の賃貸使用によって建物が老朽化してくる心配があるでしょうが、適切なメンテナンスを行っていれば、世間で想像しているほどダメージは受けないとされています。もちろん、立地の条件が良好であることは賃貸経営に欠かせない条件ですが、それ以外のデメリットは少ないのです。

 

インフレが始まる要因として、赤字国債の発行や、経済政策、原料を輸入する際の価格の上昇などが関係しています。こうした問題への対策としても、早期にマンション経営を始めるのはよいことでしょう。



アドセンス広告