マンション経営のリスクについて

マンション経営のリスクについて

ここでは、マンション経営のリスクについて見ていきましょう。一般的な資産運用よりはリスクが小さいとはいえ、まったくないわけではありません。

 

よくあるリスクは、賃貸収入をスムーズに回収できないことです。入居している人が、すべてスムーズに家賃を支払うわけではありません。なかには何ヶ月も停滞する人もいます。

 

仕事が無くなり収入がゼロになって支払えない人や、多額の借金によって家賃が捻出できない人などがいます。最も困るのは、払うお金があるのに支払わない入居者です。こうなれば、オーナーが自主回収をすることになりますが、スムーズにいかないことも多いのです。

 

オーナーのなかには、相手の事情を考えて回収ができなくなるケースもあります。しかし、こうした状況が続けば、オーナー自身がマンション経営することが難しくなってきます。また、入居していた人がどこかへ行ってしまうケースもあり、予想外の問題に悩まされることがあります。

 

このような場合は、専門業者に依頼することになります。すると、業者が家賃を回収してくれるため、オーナーの手間は大幅に省けることになります。もちろん、自主的に回収するのが利益のためにも一番ですが、回収が苦手なオーナーや悪質な入居者に困っているオーナーなどは、専門業者に依頼することが多いようです。

 

マンション経営においては、家賃を貰えなければ空室の状態と同じことになります。それゆえ、いかに効率的に回収するかが重要となります。



アドセンス広告