マンション経営と老朽化の問題とは

マンション経営と老朽化の問題とは

物件が老朽化してくることは、マンション経営をするうえでのデメリットでしょう。これは建物ならば避けることができない現実です。

 

マンション経営に波及する悪影響については、家賃を安くしないと入居者が得られないことがあるでしょう。物件の状態が劣悪ならば、家賃を低くしても入居する人がいないかもしれません。

 

こうした状況は、マンション経営の一番のリスクだと言えます。物件をローンで購入した場合、分割でローン代を支払っていく必要がありますが、家賃が安定して獲得できないと、支払いが困難になるケースもあります。

 

最悪の事態を防ぐためには、立地条件を整えるだけでなく、定期メンテナンスも必要となります。メンテナンスは大きな出費ですが、傷んでから本格的に直すことを考えると安上がりになるのです。

 

物件の修繕費については、マンション経営を開始する前に視野に入れておきましょう。あとから諸費用がかかることを知れば、資産運用の軌道修正が難しくなります。

 

また、予測できないトラブルに対しても考慮しておきましょう。例えば、地震や火災などによって、物件が壊れてしまうケースがあります。これらへの対策としては、各種保険が役に立ちます。

 

地震保険や火災保険には必ず入っておきましょう。最悪のケースでは、物件の価値がほとんどなくなってしまうケースもあります。

 

また、「家賃保証システム」もオススメの制度です。手数料を賃貸管理会社に払うことで、リスクを遠ざけることが可能になるのです。



アドセンス広告