マンション経営とローンの返済

マンション経営とローンの返済

マンション経営を開始する際、物件を手に入れることが求められます。物件の購入は、ほとんどの人がローンを活用します。ローンで支払う場合、当然のごとく返済していく必要があります。

 

しかし、契約者に最悪の事態が生じた場合、返済できなくなります。そこで誕生した制度が、「団体信用生命保険」です。この制度は、ローンの支払いを契約者に代わって支払ってくれるシステムです。

 

ただ、通常どおりにマンション経営をしており、運営が悪化してきた場合は、この制度は利用できません。場合によってはローン返済ができず、物件を手放すしかないケースもありますが、買い手がいなければ売却することも不可能です。

 

ローンの返済を賃貸収入から当てる場合は、回収率が問題となります。空室が目立つようだと、思ったように利益が獲得できないケースもあります。こうしたリスクを考慮すると、やはり建物の立地条件がよいことと、付近のアクセスが良好など、入居したいと思わせる条件が必要となるでしょう。

 

■変動金利
変動金利でローンを返済する場合、気をつけるべきポイントがあります。それは、金利が上がってしまうと、その波及がそのまま反映されることです。金利の上昇によって、返済額が多くなってしまうと、それだけ支払いが厳しくなるのは当然です。

 

マンション経営のメリットには、資金がほとんどなくても開始できることがあります。しかし、それは運営が軌道に乗っている場合です。何らかのトラブルに巻き込まれることを想定するなら、100万円以上の自己資金は確保しておきたいところです。



アドセンス広告