マンション経営と税金の仕組み

マンション経営と税金の仕組み

一般的な資産運用と比較し、節税がやりやすいのがマンション経営です。税金の面で優遇されることが多いですが、税金の詳細については知っておく必要があるでしょう。税金の内訳を紹介すると、「登録免許税」「印紙税」「都市計画税」「固定資産税」「不動産取得税」になります。

 

■登録免許税
「課税標準額×税率」で求められます。所有権の移転登記のときに生じる税金です。

 

■印紙税
領収書や契約書などに貼付します。税額については、書類に書かれた金額によって異なってきます。

 

■都市計画税と固定資産税
「評価額×税率」で求められます。税率に関しては、各自治体によって金額が異なっています。

 

■不動産取得税
物件を買い入れるときに生じる税金のことです。金額については、どのような物件を買うかによって変動します。

 

マンション経営における税金関連の計算は、自分ですべて行うのは簡単ではありません。効率的な節税方法を見逃してしまうケースもあるため、やはり専門家に依頼したいところです。

 

確定申告では、間違うことなく正しい額での申告が必須となります。これらの手続きや計算は、自分で行うとミスすることが多いとされます。そのため、専門家に依頼したほうが、トラブルや節税の面において有利なのです。

 

確定申告の手続きを完全に把握していれば、マンション経営における収支の管理につながります。すぐには難しいかもしれませんが、自主的に勉強して実践すれば、コストの削減にもなります。



アドセンス広告