マンション経営と生命保険

マンション経営と生命保険

マンション経営と生命保険には関連性があることを知っているでしょうか。生命保険の一種である「団体信用生命保険」は、ほとんどの人が知らないのが現状でしょう。これは、マンションを一括やローンで購入した人でなければ、知っている人は非常に少ないと言えます。

 

団体信用生命保険は、不動産物件を購入して経営を開始するとき、加入することで大きな利点があります。一番の利点となるのは、家族に対してです。もし契約者に最悪の事態が生じたとき、ローンの残額を団体信用生命保険で返済できるのです。

 

仮に契約者が死亡すると、ローンだけが残るのではないかと心配する人もいるでしょうが、この制度を利用すれば最悪の事態を避けられるのです。そのうえ、マンションまでも確保できるため、今までと同じようにマンション経営を続けたり、物件を売ったりできるのです。

 

ローンの残額がなくなるだけでなく、物件までそのまま残るわけですから、通常の生命保険と比較しても、その役割は大きいと言えるでしょう。しかも、賃貸収入はそのまま得られるので、生活が圧迫されることはありません。

 

不動産に適用となる保険である「団体信用生命保険」があるゆえ、物件を残すことは生命保険の代用になるのです。もし、こうした制度がなければ、大きなリスクを感じてしまい、物件を購入して経営しようとは考える人は少ないでしょう。

 

家族の将来を考え、生命保険としてマンション経営を開始してみるのもよいでしょう。



アドセンス広告