マンション経営の基本用語 利回り

マンション経営の基本用語 利回り

ここでは、マンション経営のための用語である「利回り」について説明していきましょう。これは、経営のための必要経費に対し、利益はどのくらいあるかを表した割合のことです。

 

ただ、ここで注意するべきは、利回りには算出法が2種類あることです。「表面利回り」と「実質利回り」のどちらの算出法を適用するかで、諸費用などが異なってくるので注意しましょう。金利の高さを売りにしているマンションが登場した場合、どちらの算出法を適用しているかは大切なポイントとなります。

 

■表面利回りとは
名称のとおり、簡単な利回りのことを意味しています。諸費用を入れずに計算しているため、詳細を知るうえでは不都合があります。算出方法は、「(年間賃料収入÷物件価格)×100」となります。

 

■実質利回りとは
表面利回りよりも詳細を表した利回りのことです。算出方法は、「(年間家賃収入?諸経費)÷(物件価格+諸経費)×100」となります。

 

マンション経営の諸経費に関しては、想像以上に高額になることがあります。表面の数字だけで計算してしまうと、あとから高額な費用に驚いてしまうケースがあります。それゆえ、あくまで実質利回りをメインとして考え、表面利回りは目安の一つと考えるべきでしょう。

 

マンション経営では、こうした基礎知識は事前に学習しておくべきです。学習方法は、専門書やネットなどを利用するのがよいでしょう。さまざまなリスクを想定し、解決法についても知っておくことが大切です。



アドセンス広告