立地条件を考える

立地条件を考える

マンション経営を行ううえで一番重要となるのは、立地条件を厳選することでしょう。利用者にとって都合のよい場所でなければ、思うような入居は見込めないのが現実です。物件の価格が安価だからと、思わず購入してしまっても、利用者が獲得できないとマンション経営が成り立たないので注意しましょう。

 

立地条件を整える場合、以下のチェックポイントについて考慮しておきましょう。

 

■周辺の環境
普通に生活するうえで問題を感じないことが前提となります。一番好まれるのは、静かな住宅地です。

 

■駅から近いなど、交通の便が整っていること
駅から歩いてどの程度の時間で移動できるかは大きなポイントです。すべての人が自動車を所有しているとは限らないので、この点は外せないポイントになります。駅からの距離が遠くなれば、それだけマンションの価値は低いことになります。

 

■騒音が余りないこと
騒音が大きなところに住みたい人はいません。騒音はときに振動にもなります。振動を感じると、夜寝るときにもリラックスできないなど、いろいろと問題が起こりやすいのです。

 

■付近に店や公共施設があること
すぐに買い物に行けるほか、子供が病気になったときに速やかに医療施設に行けることは大切な条件です。また、役所との距離も近いほうが生活において便利です。

 

■建ぺい率と容積率
土地の面積に対するマンションの割合のことを「建ぺい率」と呼びます。また、マンションの延べ面積に対する土地の面積の割合のことを「容積率」と呼びます。効率的なマンション経営のためには、容積率が高い物件のほうが優れています。



アドセンス広告