中古マンションによる経営の実際

中古マンションによる経営の実際

マンション経営は、誰もが新築のほうがよいと思っています。確かに、物件の購入費は高くなりますが、修繕費がかからないメリットは大きく、長期的に家賃収入を望めるからです。ですが、中古物件のリスクさえ解消できれば、安さゆえの利点を発揮できるのです。

 

■中古マンション経営の利点とは
価格が新築よりも安価なことが最大の利点でしょう。耐用年数などを考慮すると、物件の安さによる利点が感じられないケースもありますが、これについては物件によって異なるので一概には言えません。

 

そして、高利回りが期待できることも嬉しい点でしょう。メンテナンスや修繕費は必要となりますが、これらを上手に解消できれば、コスト面をかなり抑えることが可能です。お得な物件を見つけ、上手に手入れしていけば、新築マンションを上回る利益を獲得することも可能なのです。

 

■節税について
節税は新築と中古によって事情が異なってきます。マンション経営が資産運用のなかでも優れているのは、節税対策が行いやすいことです。

 

しかし、中古物件での経営のケースでは、経費で落とすことが難しい場合があるなど、新築よりも節税において不利になることが多いのです。また、耐震基準に適応できないケースが多く、基準を満たしていない物件の場合、売却するときに不利になるというデメリットもあります。

 

新築と中古を総合的に判断するには、自分の知識だけでは難しいことがあるので、その場合は専門家の力を借りることになります。



アドセンス広告