マンション経営の決まり

マンション経営の決まり

資産運用のなかでもリスクが低いマンション経営ですが、覚えておくべき決まりがあります。それらは法律に関することが多くなっています。ここでは、そのなかから「都市計画法」と「建築基準法」を選んで説明していきます。

 

■都市計画法
誕生したのは昭和です。都市の繁栄を目的として誕生した法律で、市街地や施設整備を快適に保つための手法を制定しています。

 

より細かく見ていくと、都市計画(決定手続きを含む)、都市計画制限(開発許可制・建築制限など)、都市計画事業の認可・施工などの決まりが制定されています。都市計画法については、各都道府県が指定しているのが普通です。

 

■建築基準法
かなり有名な建築に関する法律です。マンション経営においても重要な法律となります。

 

その概要は、「敷地」「構造」「設備」「用途」などについて決定している内容になっています。かなり昔からあり、その歴史は都市計画法よりも古くなっています。都市と建築物の危険を低減するために制定されました。

 

これらの法律は、そのままでは時代に適合しません。それゆえ、何度も改正されながら現在の法律ができあがっています。

 

都市計画法と建築基準法は、一般の人にはなじみが薄い法律かもしれません。しかし、マンション経営を行うオーナーにとっては、最低限の知識だけでも身に付けておくべき内容なのです。

 

法律をまったく知らないと、何らかの問題やトラブルが発生したとき、速やかに解決できないこともあります。難しい法律に関しては専門家に聞いてみることも大切ですが、最低限の決まりについては知っておくことが大切です。



アドセンス広告