失敗やリスクから学習する

失敗やリスクから学習する

マンション経営は、経験者の意見を取り入れて行うのもよいでしょう。実際に経験した人は、さまざまなノウハウを有しています。経験者の話は非常に具体的で、本やインターネットでは難しいことも解決できることが多々あります。

 

経験者の話を聞くときは、失敗談も聞くようにしましょう。成功談を聞くことも大切ですが、マンション経営が常にうまくいくとは限りません。経営が悪化したときの対策を知ることは非常に有意義だと言えます。

 

マンション経営に失敗する人の傾向を見てみると、情報不足が一番多くなっているようです。特に離れた場所にある物件の場合、情報が足りなくなる可能性があります。

 

また、不動産業者から聞いていた話と、実際の物件にはギャップがあることもあります。写真だけで契約を決めてしまうと、あとから不満があるときに面倒なことになります。それゆえ、必ず物件は自分の目で確かめてから契約を決めることです。

 

そして、ある程度長期的なプランを考えておくことも重要です。現在においては、立地条件が整っており、満室の予約が取れていたとしても、常に良好な状態が続くとは考えにくいのです。安すぎる物件は、どんなに条件がよくても、何らかの裏があるケースが多いため、しっかりとした情報収集は欠かせません。

 

また、たとえ空室がない状態でも、条件が悪いと入居者が退去するのも早くなります。退去になりやすい例としては、就職や進学によって遠くから訪れてきた入居者が大部分のケースです。そのほか、表の利回りにばかり着目し、結果としてマンション経営による損害が膨らむケースもあります。



アドセンス広告