マンション経営の管理会社システム

マンション経営の管理会社システム

マンション経営を行う場合、悩みの一つとなるのが建物の管理になります。自主的に実施する直接管理はコストがかかりませんが、すべて自分で行うため、仕事を抱えている場合は無理があるでしょう。そんなとき、専門業者による委託管理がオススメです。

 

マネジメントに関する業務は、さらに「建物管理」と「入居管理」に大別できます。システム名で業務を分類すると、「自主管理」「サブリース」「管理代行」になります。

 

■自主管理
知識を有しているオーナーの場合、マンション経営におけるコストを抑えられる利点があります。すべて自分で行うわけですから、これは当然のことでしょう。ただ、建物が大規模なケースでは、すべて自分で管理するのは困難です。

 

■サブリース
賃貸管理会社によるマネジメントのことを言います。管理会社の借り上げによるシステムが導入されます。

 

サブリースには、「家賃保証サービス」や「各種作業代行」など、マンション経営の大部分を業者に任せられます。仕事が忙しいオーナーの場合、サブリースを選択することが多いようです。ただ、依頼料が高額であることが多く、家賃保証に関するトラブルも皆無ではありません。

 

■管理代行
必要範囲内の業務を依頼するものです。大別すると、「募集業務委託」「一部業務委託」「一括業務委託」になります。

 

これらは、オーナーの都合を考慮しながら、どこまで作業を任せるかによって選択していきます。任せる仕事量が少ないほどコストは抑えられますが、サブリースよりは低額になることが多いようです。



アドセンス広告