マンション経営のマネジメント

マンション経営のマネジメント

マンション経営では、物件を買い入れたあとのマネジメントが大切となります。管理業務をしっかり把握することはオーナーにとって不可欠です。大まかに大別すると、「直接管理と委託管理」「建物管理と入居管理」になります。

 

■直接管理と委託管理
直接管理とは、自主的なマネジメントのことを意味します。簡単には、オーナーが自分でマンション経営のすべてを担うことを言います。委託管理の場合は、マネジメントを業者に依頼することになります。

 

■建物管理と入居管理
建物管理とは、管理業務の詳細のことを指しています。例をあげると、建物の掃除・除草のほか、空室のマネジメント、設備の安全の確保、リフォームなどの工事、建物周辺の管理などがあります。入居管理の場合は、細かい事務的な作業がたくさんあります。

 

入居者の募集、退去の場合の手続き、マーケティングなどが該当します。具体的には、賃貸料金の支払い、クレームの対応、入居者との賃貸借契約などがあります。かなり難しい分野なので、オーナーだけで管理するのは困難かもしれません。

 

この場合、マンション経営を業者に依頼することで、オーナーの負担が軽減します。特にマンション経営において知識が少ないオーナーや、本業を抱えていて忙しいオーナーなどは、業者にマネジメント関連を依頼するようです。業務を依頼する場合、当然のように費用がかかります。

 

費用については、査定賃料から事前に決まった割合の額を払うのが一般的です。大まかな割合については、10%よりも安くなっているようです。



アドセンス広告