ワンルームの場合のマンション経営

ワンルームの場合のマンション経営

マンション経営の種類は、中古と新築に大別できます。そのほかの種別では、一棟やワンルームなどの条件によって決まっていきます。

 

どの物件にもメリットはありますが、同時にデメリットもあることを認識することが大切です。これらには向き・不向きもあるため、人によって適した物件が異なるのも現状です。

 

■ワンルームマンション経営のメリット・デメリット
区分所有ができる点がメリットです。自分の気に入った部屋や階層を選択できます。入居する人の特徴を把握しておけば、経営の戦略が立てやすいのが特徴です。

 

また、エリア別に安定した収益を得られるようにしておけば、最悪の事態を避けられることが多いのです。株式に例えるならば、複数の銘柄に分散させてリスクを防ぐのに似ています。

 

しかし、気を付けるべきポイントもあります。それは、契約に重なる部分が出てくることです。すると、費用がより多くかかるため、得られる利益が少なくなってしまうのです。

 

利益が減額すると、不動産を購入したローンの返済が難しくなることもあります。ローン返済のためには、常に安定した利益を出す必要があります。

 

ワンルームマンション経営は、空室を減らすという意味においてメリットが大きいですが、それがそのまま利益につながるとは限りません。利益をトータルした場合、不利になるケースもあるので、事前によく検討してから経営を行うべきでしょう。少しでも不安があるならば、資金を多めに用意しておくなどの対策が必要でしょう。



アドセンス広告